キンドル・ホラー『厭モノ・怖モノ』

July 8, 2018

ご購読ありがとうございます\(^_^)/

(2018年4月)

取材、投稿メールなどから得た「厭なもの」、「怖いもの」をオムニバス形式で著した短編集です。

日常生活にお疲れ気味のあなたへ

ここでの短篇小説は、現実から逃避するための処方箋だと思って下さい。しかし、過度の処方にはご注意ください。

また、解決しそうで、しないのも短篇小説のおもしろさでしょう。読んでいただいた方に、「この先は、一体どうなるのだろう?」…と、心にモヤモヤしたものを残すことができれば幸いです。
『短篇は長篇の入り口である…』
そのあとのストーリーは、読者である貴方が創り上げて下さい。
主人公を生かすも殺すも、恋を成就させるのも終わらせるのも、全て貴方次第です。
今回の短篇集も、読み終わった後にモヤモヤを残しましょう。

 

第1話『プールサイド』(インタビュー):厭モノについてインタビューに応じてくれた谷口氏。彼はどうしてもプールサイドには行けないという。
 その訳は、小学5年生のときに体験したある出来事が原因だという。

第2話『背後霊』(投稿メール):見える人には、見えるらしいのだが、自分にも憑いているらしいのだが、その憑いているものというのが……。

第3話『自然と出た言葉』(投稿メール):偶然事故現場に出合わせてしまったとき、見てしまった……。

第4話『携帯電話』:入院している少年が持っていた携帯電話のオモチャ。でも、彼はコソコソと誰かと通話しているようなのだが……。

第5話『紅白雪合戦』:自然vs人間……。「紅白」合戦の本来の意味は、この村にまつわる伝説なのか……。

第6話『パーフェクト・キューブ』(投稿メール):山中で見つけてパーフェクト・キューブ。オカルト信者にとっては、喉から手が出るほどの代物。果たして、投稿者は手に入れることができたのか?

第7話『パーフェクト・キューブについて』:パーフェクト・キューブは善か悪か? 一人娘が実際にパーフェクト・キューブを手に入れた作家の苦悩。

第8話『全てが分かる物語』(投稿メール): 高校生の間で噂になった物語。その物語を読むと何かが分かるという。それについて教えて欲しい……。ある女子高生の訴え。

第9話『夢』:娘が見た夢……。予知夢なのか? だとすれば、父親の存在って……?


 通勤、通学中にサクサクと読める短編集です。
 スマホ、タブレットに入れてお楽しみください。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

波長

January 23, 2018

1/9
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square